ホームページをリニューアルしました。

栃木レザーとは?革産業の日の丸を背負う栃木レザーの魅力について

コンテンツ

栃木レザーとは

栃木レザーとは、「栃木レザー株式会社」が製造しているヌメ革のことを言います。

栃木レザーの最大の魅力は以下の2点と考えております。

  1. 伝統的な製法で長い時間をかけて作ることで、高品質かつタフ
  2. 天然由来の成分を使うことで革本来の風合い活かしており、エイジングを楽しむことができる

栃木レザーの魅力を引き出している理由は、日本国内で唯一、伝統的なベジタブルタンニン鞣し(なめし)&ピット製法で製造していますためです。

※鞣し(なめし)とは、動物の「皮」から「革」へ加工する技術のこと。

ベジタブルタンニン鞣しについて
「タンニン鞣し」は天然由来の植物性タンニンを使用する鞣し方です。一方で「クロム鞣し」はクロムという化学薬品を使う鞣し方です。
「栃木レザー」は創業当初の戦前からから天然由来の「タンニン鞣し」にこだわりこのタンニン鞣しで仕上げられた革はしなやかさがあり硬くて丈夫。
しかし、太陽の光や手の油分、空気中の水分などに影響しやすいためオイルを塗るなど定期的なメンテナンスをしてあげる必要がある。ただし、ここに経年変化と呼ばれるエイジングによる変化を楽しむ醍醐味があります。

ピット製法について
「栃木レザー」が採用している「ピット製法」と呼ばれる鞣しは植物性タンニン溶液の入った160ものピット槽に漬け込み鞣し上げる工程です。
薄いタンニン槽から濃いタンニン槽へと順番に漬け込んでいきタンニンが自然に浸透するためには漬け込みに約20日間かかります。手間と時間を掛け「皮」から「革」へ仕上げるのが「栃木レザー」伝統です。

栃木レザーについての情報たくさんあるのでこの辺にしておきます。

詳しい製法などをうまくまとめられている創業1899年老舗革メーカーの山藤さんのブログに詳しく書いています。

山藤さんのブログ

栃木レザーを使った商品紹介

VINCENT CRAFTEDも上記のような伝統的なモノづくり・思いを形にすべく栃木レザーを贅沢に使った商品を展開しています。

今回は代表的な商品を紹介します。今回はメインレザーだけでなく、インナーレザーにも栃木レザーを使った商品となります。

オールレザー仕上げにすることで革本来の風合い・エイジングを楽しむことができます。

ラウンドファスナー ロングウォレット DIEGO

コンパクト ウォレット PABLO

カラビナ 付き キーケース & コインケース PAOLO

これらの他にも栃木レザーを使った商品がたくさんありますので、一度オンラインショップに足をお運びください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

13 + eleven =

コンテンツ
閉じる