ホームページをリニューアルしました。

【初心者向け】革製品の道具選びとお手入れ手順

心の中の疑問

初めての革製品でどうやって手入れすればよいの?
どんな道具を用意すればよいの?
初心者におススメの道具セットがあれば知りたい!

こういった疑問を解消することができます!

実際に私も初めて革製品を買ったとき、道具やお手入れ方法がわからず困った過去があります。

本記事では革製品を初めて買った初心者の方にとって、参考になればと思い書いています。

この記事を書いた人 

J

  • &MAG運営者
  • レザーブランド「VINCENT CRAFTED」運営者
  • 元セレクトショップのバイヤー
コンテンツ

初心者がそろえるべきお手入れ道具【これだけあればまずはOK】

お手入れ道具はこだわりだせば、きりがないです。

そこでレザーブランドを立ち上げている私が「これだけあればOK!」という道具を選びました!

革製品のお手入れに必要な道具は以下の3つです。

  • 馬毛ブラシ
  • 革専用のクロス
  • レザークリーム

それぞれの道具について、簡単に解説していきます!

(1)馬毛ブラシ

馬毛ブラシの役割は、よごれやほこり落としです。

他にも、細かい傷直しやつや出しなどの場面で活躍してくれます!

革製品のお手入れで幅広く活躍してくれるので、馬毛ブラシは必ず一つ持っておきたいですね!!

私は「コロニルの馬毛ブラシ」を使っています。

扱いやすい、リーズナブル、なのに高級感がある商品となっており、初心者にとってもおすすめです。

(2)革専用クロス

革専用クロスの役割は、乾拭き、レザークリームの塗布、仕上げ磨きなどです。

使い古したタオルや着なくなった服とかでよいのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

確かにそれでもお手入れは可能です。(笑)

ただ、効率よくお手入れするなら、革専用クロスがあるとよいです!

理由は、「キメが細かく美しい仕上がりになる」、「布がやわらかい扱いやすい」ため。

私は「コロニルのポリッシングクロス」を使っています。何枚か買っておくと重宝しますよ!

(3)レザークリーム

レザークリームの役割は、以下の4点です。

  • 水分と油分を補給してくれる
  • 革をやわらかくする
  • 革のつや出し
  • 傷の保護

レザークリームを塗ることで、ツヤや潤いの変化を実感することができます。

ただし、塗りすぎは革をよい状態に保てないので、注意が必要です。

レザークリームは「コロニルのシュプリームクリームデラックス」を使っています。

ムラになることがなく、革に馴染んてくれるので、重宝しています。

初心者向け革製品お手入れ方法【3つの手順】

  • 手順①:ブラッシング(ほこりを取る)
  • 手順②:クリームの塗布(油分の補給)
  • 手順③:磨き上げ

お手入れのタイミングは1か月に1回でOK!

あまり深刻に考えずで大丈夫です。

以下がお手入れの目安となっております。

  • ブラッシングでほこり取り:いつでもOK
  • クリームの塗布:1~2か月に1度でOK

ブラッシングは毎日でもOKです。クリームによるオイルメンテは革の乾きを見てあげてやりましょう!

革の乾きは使用状況・季節によっても変わりますが、1~2か月に1度、革の表面が乾いてきたと感じたらクリームで油分の補給をしてあげてください。

最後に革のメンテナンスは義務感ではなく、楽しんでやりましょう!!

気軽に楽しみながら、革の経年変化を楽しんでください!

まとめ

おすすめの道具

  • 馬毛ブラシ
  • 革専用のクロス
  • レザークリーム

困ったら「コロニルのメンテナンスセット」を購入するのも一つですよ!

手順

  • 手順①:ブラッシング(ほこりを取る)
  • 手順②:クリームの塗布(油分の補給)
  • 手順③:磨き上げ

革のメンテナンスは気軽に楽しみながらやってください!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

1 × 5 =

コンテンツ
閉じる